2018年2月20日
ハムとソーセージの違いは?
ハムは大きくてソーセージは小さい、ということではないようです。ハムは肉をかたまりのまま塩漬けにし乾燥したのちに加熱したり、燻製にします。ソーセージは挽肉に塩やこしょう、スパイスなどを混ぜて腸に詰めます。腸に詰めるところがポイントですね。ちなみに、サラミはソーセージを乾燥させた保存食だそうです。大きさや味の違いではないんですね。


P.S. そして生ハムというのは、乾燥したのちに加熱していないハムのことだそうです。


ひつじのしつじ



2018年2月19日
手袋をはく!?
ご主人様は、手袋を使うことをなんと表現しますか?北海道では「手袋をはく」と言うのですが、これは全国共通ではないと知ってビックリしました!東日本では「手袋をする」の地域が多く、西日本では「手袋をはめる」と言うみたいです。「手袋をはく」と言うのは北海道のほか、東北、北陸や四国、九州の一部と点在しているみたいです。


P.S. 少数派ですが「手袋をつける」と言う地域もあるようです。


ひつじのしつじ



2018年2月18日
体を内側から温める
まだまだ寒い日が続きます。暖かい服や下着を着るのも寒さ対策ですが、食べ物であたたまる方法もあるようです。たとえば冬が旬の根菜類や、にんじんやネギなど土の中にできる野菜は体を温めると言われています。北の海で獲れる魚や赤身の魚もいいらしいです。鮭やマグロ、カツオ、サバなどがよさそうです☆


P.S. アツアツの鍋物や激辛の料理でなくても、あたたまるものなんですね。


ひつじのしつじ



2018年2月17日
ライブコマースって何?
インターネットで買い物をすることは当たり前になっていますが、最近ではライブコマースという新しいサービスが行われるようになりました。リアルタイムに配信される動画で商品を紹介、見ている人が欲しいと思ったらすぐにインターネットで購入できるという、テレビショッピングのインターネット版みたいなものですね。ライブ動画で、その場で質問に答えてもらえるなど、新しい楽しみ方もありそうです。


ひつじのしつじ



2018年2月16日
今日は旧正月
2018年の旧正月は2月16日。中国などでは「春節」として、赤い提灯が街を彩り、獅子舞が登場します。獅子舞は、インドから中国を経由して日本に伝わったそうです。獅子舞の「獅子」は、清朝皇帝の夢に登場したとされる空想上の動物です。中国の獅子舞は、日本に比べて色彩鮮やかでアクロバティックな動きが特徴ですが、「獅子に頭を噛まれると福が来る」とされる点は、日本と同じですね。


ひつじのしつじ



2018年2月15日
毎月15日はお菓子の日
お菓子の日の由来は、明治時代に第1回目が開催された「帝国菓子飴大品評会」だとされています。その後「全国菓子大博覧会」と名称が変わり、ほぼ4年に1度行われているそうです。また、和歌山県や兵庫県にはお菓子の神様が祀られている神社があるらしいです。お菓子が好きな人は訪ねてみてはいかがでしょう。


ひつじのしつじ



2018年2月14日
St. Valentine’s Day
バレンタイン・デーの名前は、西暦3世紀のローマで教司祭だったバレンティヌスから名付けられたそうです。結婚が禁止されていた時代に、愛し合う二人が結婚できないことを気の毒に思ったバレンティヌスは、内緒で結婚させていたのだそうです。そのため愛の守護聖人として聖バレンタインの名がつけられたようです。


ひつじのしつじ



2018年2月13日
ムービージェニックグルメ
SNSで写真映えする料理が注目されていましたが、これからは動画でインパクトがある「ムービージェニックグルメ」に人気が集中しそうです。グツグツ煮えている鍋料理や、炎で仕上げる極上のスイーツなど、写真では伝えきれないライブ感を楽しめるところが動画の魅力でしょうか。上手に撮れるように練習しようと思います。


ひつじのしつじ



2018年2月12日
エコファーって何?
自然保護や環境保護の観点からファッション界で使われているエコファー。つまり、本物ではないフェイクファーのことだそうです。人工のファーやレザーは、合成繊維でできています。さらに環境に配慮するメーカーでは、ファーを使わない「ファーフリー」を掲げているブランドもあるみたいです☆


メイドのメイ



2018年2月11日
今日は建国記念の日
日本がいつ建国されたかは歴史的に定かでないので、神武天皇が即位した日が建国記念の日となりました。その日から何年経っているかというと、今年で2678年だそうです。現在使われている西暦に対して皇紀といい、皇紀元年は西暦の紀元前660年にあたるということです。その頃の日本はというと、弥生時代だったのですね。


ひつじのしつじ



2018年2月10日
第4のチョコレート?
チョコレートといえば、ブラック、ミルク、ホワイトの3種類で、それぞれの色も味わいも違いますね。最近では、この3つに加えてチョコレートの新色が生まれているそうです。ひとつはブロンドチョコレートといってキャラメルのような色合いの濃厚でミルキーなチョコレートだそうです。もうひとつは、なんとピンク色のチョコレート。ルビーチョコレートといって、カカオの天然の色だそうです。どんな味がするのか、一度食べてみたいです☆


メイドのメイ



2018年2月9日
カーニバルシーズン
世界一有名なお祭りとして知られるリオのカーニバル、今年は2月9日から13日までだそうです。カーニバルとは謝肉祭のことで、4月のイースター(復活祭)前に食べ納めをするというキリスト教のお祭りです。世界三大カーニバルというと、ブラジルのリオ、イタリアのヴェネツィア、そしてカリブ海に位置するトリニダード・トバゴ共和国で行われるカーニバルだそうです。


P.S. カーニバルはこの時期、世界各地で行われます。お祭り好きにはたまらないシーズンですね。


ひつじのしつじ



2018年2月8日
明日から平昌五輪
スケートやスキー、スノーボードなどを競う、ウィンタースポーツの祭典がいよいよ明日から始まります。明日の開会式に先駆けて、すでに今日から競技が行われています。今回新しく加わった競技もあり、雪上や氷上で金メダルをめざしてさまざまな種目が行われます。ご主人様は、どの競技に注目しますか?


ひつじのしつじ



2018年2月7日
ヒュッゲって何?
「ヒュッゲ(hygge)」はデンマーク独自の言葉で、居心地がいい、心が安らぐといった意味の言葉だそうです。このところ、ヒュッゲを取り入れたライフスタイルが注目されています。といっても特別なことをするわけではなく、家族や仲間と、リラックスした心地よい時間をもつこと。心あたたかく過ごすことで長い冬を快適に暮らす、北欧のライフハックと言えそうです。


ひつじのしつじ



2018年2月6日
今日は海苔の日
おにぎりや、のり巻きに欠かせない海苔ですが、どれもみんな黒くて同じように見えますね。おいしい海苔は、つやがあって、深い黒緑色で、やや赤みを帯びているそうです。とはいえ、本当のところは食べてみないとわからないみたいです。海苔の専門店で、いろいろ試してみるといいかもしれません。


P.S. おにぎりを食べるときに、歯切れがよい海苔だとおいしく感じますね。


ひつじのしつじ



2018年2月5日
美しいデザインとは?
人が最も美しいと感じる比率は「黄金比」と呼ばれ、紀元前に古代ギリシャで発見されたと言われています。その後、1800年代には世界中に知られるようになり、建築物やデザインに数多く取り入れられています。名刺やカード、郵便はがきも黄金比に基づいているそうです。そのほかにもさまざまな金属比がデザインに採用されていて、たとえば日本の紙の規格であるA判B判は「白銀比」という比率に基づいてるらしいです。


ひつじのしつじ



2018年2月4日
特撮の魅力
「特撮」は特殊撮影の略称ですが、日本では特撮ヒーローものなど特撮による実写作品がたくさんありますね。ヒーローや怪獣が空を飛んだり、巨大化して街を破壊するなど、コンピューターによる特殊効果とは違う魅力で今も子どもたちを魅了しています。アメリカのヒーローの多くがコミックから生まれたのに対して、日本の特撮ヒーローはオリジナルも多く、そこが魅力なのかもしれません。


P.S. 英語では特殊撮影効果をSFXと呼んでいますが、これはspecial effectsの発音から生まれた言葉だそうです。


ひつじのしつじ



2018年2月3日
今日は節分
節分は季節の変わり目のことで、なかでも春分の前日の節分は重視されてきました。節分の日は旧暦で定めるので、長い間、2月3日か4日が節分でした。天体の運行によって節分の日付は変化してきましたが、さらにこの先は2月2日になる年も出てくる可能性があるそうです。とはいえ、日にちが変わっても豆まきをすることに変わりはないと思います。


P.S. 恵方を向いて太巻きを食べる風習もありますね。ちなみに今年の恵方は南南東だそうです。


ひつじのしつじ



2018年2月2日
ゾロ目の日
同じ数字が並んでいることを「ゾロ目」と言いますが、これは2つのサイコロで同じ数字が揃うことを「そろい目」と呼んだことが始まりのようです。ちなみにサイコロは本来「サイ」でしたが、小さいものや転がるものを指す「コロ」がついて「サイコロ」と呼ぶようになったそうです。


P.S. ちなみにサイコロは英語では「dice(ダイス)」ですね。


ひつじのしつじ



2018年2月1日
今日から2月
北海道や東北の各地で行われる、雪まつり。なかでも札幌で行われる「さっぽろ雪まつり」は、今年で69回目を迎える、最も有名な雪まつりの一つです。スケールの大きな雪氷像を鑑賞したり、雪遊びを楽しんだり、雪国ならではの冬の楽しみがたくさん詰まったお祭りなので毎年開催を楽しみにしています。


ひつじのしつじ