2017年10月19日
ご当地おでん
熱々のおでんが美味しい気候になってきました。おでんは家庭ごと、お店ごとに味付けや中に入れる種ものが違いますが、地域ごとの味わいも楽しめます。北海道は、つぶ貝やホタテなど貝類を入れ、だしは昆布ベース。沖縄は、豚足やソーセージが入って、さっと煮た青菜を添えるとか。四国では、からし味噌を添えて出すそうです。この時期、旅先でおでんを食べ比べてみるのもいいですね。


ひつじのしつじ



2017年10月18日
むくんでる!
朝、鏡を見たら顔がむくんでいてショック!というときには、前の晩に何を食べたか思い出してみましょう。もしかしたら塩分の摂りすぎでは?そんなときは、電子レンジでホットタオルを作って顔にあてたり、温かい飲み物をゆっくり飲むといいみたいです☆


P.S. 塩分の多いものを食べるときには、カリウムを多く含むキュウリやホウレンソウなどと一緒に食べるといいそうです。


ひつじのしつじ



2017年10月17日
ゼロと零
数字の「0」はゼロと零(れい)2通りの読み方があります。2つの違いは英語と日本語だけではないそうです。ゼロは「正解ゼロ」「欠席者ゼロ」のように、全く無いときに使います。零は古くからある日本語で、もともとは「わずか」といった意味。その頃日本の数字には「0」がなく、のちに数学の概念がイギリスから入ったときに意味の近い「零」を当てたようです。


P.S. ニュースでは、天気予報の降雨確率や、電話番号や郵便番号を読みあげるときには「れい」と読みますね。


ひつじのしつじ



2017年10月16日
おもちゃの変遷
おもちゃの語源は、手に持って遊ぶものという意味で「もてあそび」と言っていたのが始まりで、平安時代には「もちあそび」となったそうです。これがやがて変化して「もちゃそび」になり、略して「もちゃ」となり、接頭語の「お」がついて「おもちゃ」になったそうです。「玩具(がんぐ)」は明治政府によって作られた言葉で、歴史がまだ浅いようです。


ひつじのしつじ



2017年10月15日
木陰のような日よけ
日差しを完全にさえぎるのではなく、自然の木陰のように隙間だらけの「フラクタル日よけ」が注目されています。フラクタルとは、自然界の複雑な形状を同じパターンの図形で表すこと。隙間があるので雨よけにはなりませんが、夏には涼しく、冬には寒さをやわらげるそうです。


P.S. 街中の建築物などに取り入れられているフラクタル日よけ、アウトドアでも役立ちそうです。


ひつじのしつじ



2017年10月14日
次なるブームは?
ハンドドリップコーヒー、クラフトビール、ビーントゥーバー・チョコレートなど、丁寧なものづくりにこだわる食品が次々とブームになっています。次に注目されるのは、クラフトジンか、クラフトソーダか、それともクラフトミルク?いろいろ予測はありますが、ブームは意外なところからやって来るかもしれません。


ひつじのしつじ



2017年10月13日
「醸す(かもす)」って?
お酒や醤油などの発酵食品をつくるときに「醸す」という言葉が使われます。意味は、麹に水を加え、発酵させて造ること。「醸」という漢字の「酉」は酒を表し、「襄」は物を詰め込むなどの意味があるようです。「つくりだす」という意味があることから、「物議を醸す」などという使われ方もしますね。


ひつじのしつじ



2017年10月12日
ホメ上手になりたい!
ひとにホメられると嬉しいものですが、上手にホメようと思うといい言葉が見つからない…そんなときは、あまり意識しすぎないで、良いと思ったときに素直に伝えるのが一番だと思います。「ホメようホメよう」と思ってウソや大げさな言い方をすると逆効果になりそう。恥ずかしがらずに、肩の力を抜いて、ホメ上手をめざしましょう☆


メイドのメイ



2017年10月11日
アイスクリームとジェラート
一見似ている2つの氷菓ですが、どこが違うのでしょう?イタリアでは「ジェラート」は凍ったお菓子のことで、アイスクリームと定義されています。ところが日本ではアイスクリームが法令で「乳固形分15%以上のうち8%は乳脂肪であること」と定義されているため、通常乳脂肪が5%前後のジェラートはアイスミルクという扱いになるのだそうです。


P.S. イタリアではジェラートはアイスクリームだけど、日本ではアイスミルク…ややこしいです。


ひつじのしつじ



2017年10月10日
おふくろの味比べ
イタリアでは、トマトソースはマンマの味。トマトには、うまみ成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸が多く含まれています。このうまみは、加熱することで引き出されます。味噌や醤油のうまみはグルタミン酸ですが、うまみが食材の味を引き立てるのは、和食にも通じると思います。イタリアも日本も、料理には「うまみ」が大切。ほかの国についても調べたくなりました。


ひつじのしつじ



2017年10月9日
今日は体育の日
スポーツの花形選手を「エース」と呼びますが、トランプの「A」と関係があるのでしょうか。じつは、「エース」とはアメリカの大リーグにいた選手のことだそうです。時代は1860年代、レッド・ストッキングスの投手アーリー・プレイナードは年間65試合中64勝をあげました。この選手の頭文字が「A」で、ニックネームが「Asa(エイサ)」だったことから転じて、すごい選手を「エース」と呼ぶようになったらしいです。トランプとは関係ないんですね。


ひつじのしつじ



2017年10月8日
ラーメン女子の気持ち
ラーメンを好きな気持ちは、男性も女性も変わらないと思います。でも、やっぱりカロリーや糖質が気になります。ラーメンを味わいたいけれど、ダイエットしたい、というときに「ラーメンの麺抜き」を頼めるお店があると聞きました。つまり、スープと具だけ。それでもラーメン屋さんに行きたい!という人に好評らしいです☆


P.S. 最近は、すし飯を野菜に変えたお寿司もあるみたいです。


メイドのメイ



2017年10月7日
ラムネのルーツ
ビー玉が入ったラムネのビンは、約150年前にイギリスで発明されたそうです。最初はコルク栓を使っていましたが、当時コルクは高価で、しかも炭酸が抜けてしまうため、ビー玉で密栓する技術が生まれたそうです。ちなみにラムネの語源は英語の「レモネード」です。ペリー来航の際に紹介されたとき、「Lemonade」の発音が当時の日本人には「ラムネ」と聞こえたらしいです。


ひつじのしつじ



2017年10月6日
手足が温かくなると…?
ヒトの体は、日中は体温を一定に保ち、夜になると脳や体を休ませるために体温を下げて睡眠に導きます。その際、皮膚の表面から熱を逃がすのですが、冷え性の人は体が熱を逃がすまいとして体温が下がりにくく、うまく寝つけない事も。そんな時はぬるめのお風呂で体の表面を温めると、熱が発散されやすくなり自然と眠りにつけるらしいです。


P.S.赤ちゃんの場合、眠くなると手足が温かくなります。これはまだ生体リズムが整っていないために急速に熱を逃しているのだとか。


ひつじのしつじ



2017年10月5日
今日はレジ袋ゼロデー
ご主人様は、エコバッグを使っていますか?現在、日本国内で使われているレジ袋は年間約300億枚だそうです。国民1人あたりでは年間約300枚。ほぼ1日1枚のペースですね。レジ袋は石油から作られたプラスチック製品なので、レジ袋の大量消費はさまざまな環境問題につながります。買い物などのときには、できるだけバッグを持参するようにしたいと思います。


ひつじのしつじ



2017年10月4日
今日は中秋の名月
中秋の名月というと満月のイメージですが、今年は10月6日が満月で、2日ずれています。旧暦では、新月の瞬間を含む日(今年は9月20日)を1日とします。中秋の名月は旧暦の8月15日の夜に見える月のことなので、新暦では10月4日となります。ところが天文学上の満月は、地球をはさんで月と太陽が反対側に位置する瞬間を指すので、暦とずれることがあるようです。


P.S.  天文学上の満月は10月6日3時40分だそうです。


ひつじのしつじ



2017年10月3日
トンネルの中で
トンネルの照明というと、以前はオレンジ色の低圧ナトリウムランプが主流でした。これは、オレンジ色の光は拡散しやすく、排気ガスやちりなどの影響を受けにくいためだそうです。近年では、発光色が白くてほぼ自然な色に見え、省エネルギーで光の特性にも優れた蛍光灯ランプが開発されたため、これがトンネル照明の標準になっているそうです。


ひつじのしつじ



2017年10月2日
白桃と黄桃
白い桃はよく見かけますが、黄色い桃は缶詰しか見たことがありません。調べてみると、2つの桃は品種が違うのだそうです。白い桃は甘くてジューシーですが、黄色い桃は硬くて酸味が強いので缶詰に加工するようです。でも、最近は品種改良が進んで、甘くてマンゴーみたいな色と香りの黄桃があるらしいです。


ひつじのしつじ



2017年10月1日
今日から10月
秋の花といえば「秋桜」とも書くコスモスですね。コスモスはギリシャ語のkosmosが語源で、秩序や調和を意味するそうです。そこから派生して、コスモスという言葉は世界や宇宙の意味も含まれるようになったとか。さらに、秩序正しく調和のとれたものは美しいことから、装飾や美麗の意味も持つようになったそうです。


P.S. ひとつの言葉の意味が、まさに宇宙のようにどんどん広がっていったのですね。


ひつじのしつじ