2017年12月11日
今日は胃腸の日
年末年始は、胃腸の健康が心配になる人も多いかと思います。胃腸を守るためには、胃粘膜を強化すると良いそうです。おすすめの食べ物はビタミンAを多く含むホウレンソウやニンジンなどの緑黄色野菜や、牛乳、卵など。胃腸薬にも使われているキャベツもおすすめです。食事で摂るのが難しい人は、ジュースやスムージーにするのはいかがでしょう。


P.S. まずは規則正しくバランスの良い食生活や、睡眠を十分にとることが大切です。


ひつじのしつじ



2017年12月10日
クリスマスの準備
あと2週間でクリスマスですね。ヨーロッパでは、ドイツをはじめ周辺国で11月末から12月下旬まで、クリスマスマーケットが開催されます。この時期、広場には露店や屋台が並び、夜になるとイルミネーションやライトアップで町中が輝きに満ちて楽しそうです。最近では、日本でもクリスマスマーケットが行われているようなので、行ってみたいと思います。


ひつじのひつじ



2017年12月9日
一文字で何と読む?
日本全国、珍しい苗字はたくさんありますが、漢数字一文字の苗字もいろいろあるようです。「二」は「したなが」さん。なるほど字を見るとわかりますね。「九」は「いちじく」さん。そのままですね。「十」には「よこたて」さんという読み方もあるそうです。「四」は「あずま」さん。なぜでしょう??


P.S. 「九」や「十」は、他にも読み方が何通りもあるようです。


ひつじのしつじ



2017年12月8日
無料ロッカーのナゼ
図書館や銭湯などのコインロッカーで、無料なのに100円玉を入れなければならないことがあります。なぜ、戻ってくるのに入れなければならないのでしょう?どうやらお金を入れないと鍵を持って帰ってしまったり、一人でいくつも使うことを防ぐためのようです。みんながマナーを守れば、コインを入れずに済むようになるかもしれませんね。


ひつじのしつじ



2017年12月7日
冬のおすすめ具沢山の汁物
寒い季節には温かいスープや汁物が嬉しいですよね。和食なら、豆腐とたっぷりの根菜が入ったけんちん汁がおすすめです。けんちん汁は、中国から伝わった精進料理と言われています。(鎌倉の建長寺で生まれた、という説もあります)大根やごぼう、豆腐などを油で炒めてから煮るので、よりカラダが温まりますね☆


P.S. けんちん汁の基本は肉や魚を使いませんが、地域や家庭によって具材は変わるみたいです。


メイドのメイ



2017年12月6日
今日は姉の日
ご主人様は、おねえさまがいますか?今日は「姉の日」らしいですが、ほかにもきょうだいの日があります。「弟の日」は3月6日、「兄の日」は6月6日、「妹の日」は9月6日だそうです。では、「一人っ子の日」はあるのか?と調べてみましたが見つかりませんでした。そこで考えてみました。覚えやすいので1月1日を「一人っ子の日」にしてはいかがでしょう?


ひつじのしつじ



2017年12月5日
定規と物差しの違い
「物差し」は「定規」の昔の言い方?と思っていたら違いました。「定規」は線を引くためのもので、「物差し」は長さを測るためのもの。使う目的が違うのですね。どちらか見分ける方法は、目盛りが端まであるかどうかです。「定規」は線の引きはじめが定まるように目盛りの初めと終わりが端から少し内側にあります。


ひつじのしつじ



2017年12月4日
冬将軍は誰のこと?
一段と寒くなってくると「冬将軍の訪れ」などと言いますが、これは英語の「General Frost」のことで直訳すると「霜将軍」。この言葉は、ナポレオンがロシアに侵攻したときに、厳しい冬の訪れに耐えきれず撤退したことから生まれたそうです。つまり、冬将軍の正体はロシアの冬の寒さということになりますね。


ひつじのしつじ



2017年12月3日
今日は奇術の日
マジックを披露するときのかけ声「ワン・ツー・スリー!」にちなんで、1・2・3で「奇術の日」。日本のマジックの歴史は奈良時代に始まったと言われているそうです。江戸時代には舞台や大道芸で手品が行われるようになり、庶民の娯楽として人気を集めました。「奇術」は明治時代に生まれた言葉で、江戸時代は「手妻(てづま)」、「手品」と呼ばれていたそうです。


ひつじのしつじ



2017年12月2日
今年のクライマックス
12月は忘年会やクリスマスなどイベントも多く、1年間のクライマックスと言えるかもしれません。ところで英語のclimax(クライマックス)は、日本語に訳すと最高潮、頂点と言った意味。climには「傾き」という意味が含まれていて、傾きが最大(max)になると頂点になると考えると覚えやすいですね。


ひつじのしつじ



2017年12月1日
今日は映画の日
映画のことを「シネマ」または「キネマ」と呼びますが、どう違うのでしょうか。シネマとは、フランスのリュミエール兄弟が発明した映画用映写機「シネマトグラフ」の略称でキネマとは、アメリカのエジソンが発明した映画用映写機「キネトスコープ」や、発生式の「キネトグラフ」に由来するそうです。「キネマ」という響きには大正ロマンを感じます。


P.S. 日本で初めて映画が上映されたのは、1896年12月1日だそうです。121年も前なんですね。このときは「キネトスコープ」で上映されたらしいです。


ひつじのしつじ