2017年11月20日
鯖をしめる
今の時期、旬を迎える魚のひとつがサバです。サバの料理といえば「しめ鯖」がおなじみですが、「しめる」とは、魚の身などが固く引き締まるようにする下ごしらえのこと。しめ鯖の場合は酢でしめますが、鯛などを昆布でしめる「昆布じめ」もありますね。


ひつじのしつじ



2017年11月19日
ふわふわとモフモフ
秋も深まり、早いところでは雪も見られる季節です。ファッションも冬の装いが楽しめる気候になってきましたね。このところ、ふわふわな肌触りが気持ちいいシャギーニットに人気が集まっています。さまざまなボトムスと合わせて、着こなしを楽しみたいですね☆


P.S. ふわふわシャギーに負けないように、いつもよりモフモフ感をアピールしたいと思います。


メイドのメイ



2017年11月18日
静電気との攻防
寒くなると、気になり始める静電気。ドアノブに触れたとき、コートを脱ぐとき、「バチッ」と来るとドキドキします。バチっと来そうな予感がしたら、木やコンクリートに触れると、たまった静電気を逃がせるらしいです。また、部屋の湿度を上げておくと、空気中の水分に静電気が流れていくそうです。


P.S. 洗濯するときに柔軟剤を使うのも、静電気防止に役立つみたいですよ。


ひつじのしつじ



2017年11月17日
どの麺が好き?
麺類好きな人は多いと思いますが、その中でどの麺が好きなのかは意見が分かれるところだと思います。代表的なところでは、うどん、ラーメン、そば、パスタ…そうめんやひやむぎ、韓国風の冷麺など、ほかにも色々思い浮かびますが。ご主人様は、どの麺が好きですか?


ひつじのしつじ



2017年11月16日
風邪を引いたら…
ご主人様は、風邪を引いたと感じたらどうしますか?湯たんぽで温める、入浴をする、消化の良いものを食べるなど、対処法は人それぞれ。ちなみにドイツではカモミールティーを飲む、アメリカではチキンスープを飲む、スイスでは耳に玉ねぎを詰める、など国によってさまざまな民間療法があるようです。


P.S. ロシアやカザフスタンではニンニクをネックレスのようにつないで首に下げるらしいです。効くのでしょうか?


ひつじのしつじ



2017年11月15日
七五三とは
7歳の女子、5歳の男子、3歳の男女の成長を祝い、お宮参りをする七五三。昔はそれぞれ別の行事でしたが、江戸時代に呉服屋が一つにまとめて宣伝したことから七五三となったそうです。昔は医療や衛生が未発達だったため、子どもが7歳まで無事に成長するとみんなでお祝いをしたようです。子どもの成長を祝うという点では、今も昔も変わりませんね。


ひつじのしつじ



2017年11月14日
ナッツといえば
美容にいい食べ物として欠かせないナッツ類。ナッツは木の実のことで、アーモンド、カシューナッツ、マカデミアナッツ、クルミなどがおなじみですね。ちなみにピーナッツは木ではなく、地中で実ができるので、ナッツではないそうです。ミックスナッツには入っていますけれど☆


P.S. 英語のnutsは、木の実だけでなく「くだらない」とか「ばかげた」という意味もあるみたいですよ。


メイドのメイ



2017年11月13日
昆布の育て方
ふだん食べているのは昆布の葉に当たる部分ですが、一体どのように育てるのでしょうか。昆布は秋に胞子で増えるのだそうです。胞子は海中を遊泳できるため「遊走子」と呼ばれます。遊走子は岩場などに着底し、昆布の赤ちゃんになります。やがて翌年の夏には昆布に成長しますが身は薄く、2年目の夏に厚みのあるおいしい昆布になるそうです。


P.S. 昆布には養殖ものもあり、2年かけて育てる養殖と、1年で育てる促成の2種類があるそうです。


ひつじのしつじ



2017年11月12日
お弁当のおかず
ご主人様は、お弁当のおかずに何が入っているとウレシイですか?お弁当の鉄板メニューといえば、唐揚げ、卵焼き、ウィンナーですね。ハンバーグとかミートボールもテンションが上がりそう。生姜焼きやきんぴらごぼうもウレシイかも。やっぱり、ごはんが進むおかずがいいですね☆


メイドのメイ



2017年11月11日
今日はもやしの日
もやしには種類があるのを知っていますか?主な3種類は、緑豆もやし、ブラックマッペもやし、大豆もやし。緑豆もやしは国内でほぼ9割を占める、やや太めでクセのない味。ブラックマッペもやしは、やや細くてほのかな甘みがあります。大豆もやしは、豆がついたまま食べるもので、ナムルなどに使われます。もやしは最近注目のスプラウト(芽)野菜で、緑豆やもやし豆、大豆の芽なんですよ。


ひつじのしつじ



2017年11月10日
花言葉は誰が決めたの?
花言葉の起源には諸説ありますが、17世紀にトルコで発祥したという説が一般的なようです。当時、花には神からのメッセージが込められていると信じられ、花に気持ちを託して恋人に贈る習慣があったとか。この習慣がヨーロッパに伝わり、神話に結びついたようです。日本に花言葉が伝えられたのは明治時代と言われますが、現在の花言葉はさまざまな由来を持つ言葉が加わって、当初よりずっと多彩になっているようです。


ひつじのしつじ



2017年11月9日
おいしい厚さは?
ご主人様は、食パンは何枚切りが好きですか?食パンの厚さは、地域によって好みが変わるらしいです。関東では6枚切りが主流みたいですが、関西は5枚切りが一般的なようです。関東は薄切り、関西は厚切りがお好みということでしょうか。


P.S. サンドイッチ用の10枚切りをパリパリにトーストして食べるのも好きです。


ひつじのしつじ



2017年11月8日
今日はレントゲンの日
身体検査に使われるレントゲンという装置の名前は、X線を発見した物理学者ウィルヘルム・コンラート・レントゲンの名をとっているそうです。発見当時は「不透明な物体をも通す未知なる線」という意味でX線と名付けたそうです。レントゲンは、1901年に第一回ノーベル物理学賞を受賞しました。


ひつじのしつじ



2017年11月7日
もつ鍋ブーム
もつ鍋は、もつとニラ、キャベツを入れて煮込むシンプルな鍋物。福岡のローカルフードだったもつ鍋が、1990年代前半の第一次ブームで全国に知られるようになったようです。そして、2000年代に入って再び東京を中心にブームが広がり、今では鍋料理の定番の一つになっています。しょうゆ味だけでなく、味噌味や鶏ガラスープなど、味のバリエーションが広がっているみたいです。


P.S. 鍋の具材も、餃子の皮やキムチ、明太子など、いろいろあるらしいです。


ひつじのしつじ



2017年11月6日
リンドウの花
紫色の花を咲かせる秋の花、リンドウ。漢名の「竜胆」の音読みが変化して「リンドウ」になったらしいです。なぜ竜の胆かというと、漢方で胃の薬として使われるリンドウの根がとても苦いからだそうです。竜の内臓は苦いって、誰が言い出したのか気になります。


ひつじのしつじ



2017年11月5日
かっこいいサイン
クレジットカードやパスポートにサインをするとき、ササッとかっこよく書ける人に憧れます。サインは、まず全体のフォルムを三角形や四角に決めて、そのなかに収まるようにするといいそうです。さらに、基本となる直線や曲線を生かすことで、印象的なかっこいいサインになるそうです。


ひつじのしつじ



2017年11月4日
紅葉狩り
紅葉した景色を見にいくのに、なぜ「狩り」というのでしょうか。「狩り」は獣をつかまえる、という意味で使われていましたが、やがて野鳥や小動物を捕まえたり、果物などをとる意味にも使われるようになったそうです。「いちご狩り」とか「ぶどう狩り」などのように。そのうちに、草花を眺めることも意味するようになったみたいです。昔の人たちは、草花やもみじを手にとって眺めていたのかもしれませんね。


ひつじのしつじ



2017年11月3日
今日は文化の日
「文化」は英語にするとcultureです。日本語でも「カルチャーセンター」などというように使いますね。このcultureは「耕す」を意味するラテン語colereに由来しているとか。のちに英語で「心を耕す」という意味に使われるようになり、やがて「教養」や「文化」も意味するようになったということです。


ひつじのしつじ



2017年11月2日
クマの原因
朝、鏡を見たら目の下にクマが…ショックですよね。クマには、原因によって青、茶、黒の3種類があるらしいです。青いクマは血行が悪くなっているとき。茶色いクマは目元のダメージによる色素沈着。黒いクマはむくみなどによる影だそうです。原因がわかったら早めに対処して、イキイキした表情を取り戻しましょう☆


メイドのメイ



2017年11月1日
今日はカーペットの日
床に敷くものというと、カーペット、ラグ、マットなどがあります。カーペットはじゅうたんのことで、部屋に敷き詰めるもの。ラグはインテリアのアクセントになる敷物で、大きさはだいたい3畳くらいまで。マットはもっと小さく、玄関やキッチン、浴室などに敷くもの、というのが一般的な認識でしょうか。といっても、どうやら明確な定義はないみたいです。


ひつじのしつじ